スーパーウォール工法(SW工法)

スーパーウォール工法の家とは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造の「快適」「健康」「安心」「省エネ」な家です。

快適
  • 結露

    北海道士別市

    以前は結露でびっしょりだった窓、時にはその結露が凍りつき掃除が大変だったのが、今はその必要がなく安心です。

  • 暖かい冬

    山形県上川市

    寒い冬の時期は外気温が−5℃くらいですが、家の中は暖房をしなくても10℃くらいに保てます。玄関のドアを開けたときの暖かさにホッとしますね。

家の中の温度差が少ない
魔法瓶のような空間

たとえば冬の室内。リビングは暖房で快適であっても、廊下やトイレは寒く感じるのではないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。そんな家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性を高めることが大切です。

部屋間の温度差だけでなく
上下の温度差も3℃という快適性。

気密・断熱性にすぐれたスーパーウォール2×6の家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。暖房が効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、床に座って遊ぶ小さなお子様に寒い思いをさせることもありません。また、吹き抜けや高天井の空間においても、上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配する必要がありません。もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。

※上図は壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較

健康
  • 喘息

    北海道富良野市

    子どもの喘息が昔はひどく病院に通う毎日でしたが、今はほとんど発作も起きず、カラダが丈夫になった気がします。

  • 睡眠

    東京都昭島市

    慢性のアレルギー性鼻炎で、ハウスダストでほとんど寝れない日もあったほどです。それがこの家に住み始めてからぐっすり眠れるようになりました。

計画換気システムで、
24時間ずっと、健やかな空気。

近年は、PM2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染、カビ・ダニ、花粉といったアレルゲンの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることも必要です。室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイントです。

PM2.5や花粉などの侵入を大幅にブロックします。

新鮮な外気を取り入れ、計画的に家中の換気を行う、24時間計画換気システムですが、PM2.5や花粉などの外気の汚染が気になる場合は、全熱交換型換気システムにおいて、PM2.5対応フィルター(オプション)を使用することが可能です。2.0μm(1μm=1mm の千分の1 )の微小粒子を約90%捕集することができます。

安心
  • 地震

    新潟県三条市

    震度7を記録した10月23日、最初の大揺れのとき、わが家は物の散乱どころか、家具が倒れてきたり移動したりということさえありませんでした。

  • カビ

    三重県松坂市

    スーパーウォールの家での暮らしは、まるで楽園のようですね。窓の結露も押し入れのカビも全く心配ありません。

大地震に負けない
全壊0棟の実績。

南海トラフ地震や首都直下型地震など、巨大地震の発生が予測される近年、自然災害は地震ばかりではなく、大型台風や竜巻も頻発しています。ご家族や大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えをさまざまな角度から行うことが求められているのです。

耐震等級3相当の設計で大規模な地震に備える。

住宅の耐震性能は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに( 数百年に一度程度 )発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性を等級1としていますが、スーパーウォール2×6の家では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3相当の設計を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

※耐震等級3相当の設計は、日下工業にご相談ください。

省エネ
  • 光熱費

    広島県広島市

    以前の家の2倍以上の建坪にもかかわらず、光熱費は3割以上安いというのは驚きですね。

  • 涼しい夏

    鹿児島県出水市

    暑い時期は、外から帰ってきた時にヒンヤリしています。昼間一番暑い時間に帰ってくるのですが、冷房をちょっとかけるだけで、ホント涼しいんです。

年間12万円以上の
水道・光熱費を節約※。

国の省エネルギー施策では、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。スーパーウォール2×6の家もこのテーマに積極的に取り組んでいます。

※一般住宅とSW2×6住宅を比較した、ランニングコストシュミレーションの結果です。家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただくことができます。

暮らしのエネルギーの見える化で省エネ効率を
さらに高めます。

暮らしのエネルギーの見える化を実現するモニターの使用によって、省エネ意識が高まり、約10%※エネルギーの使用を抑えることができるという調査結果があります。「使用量より発電量のほうが多かった」「先月より光熱費が安くなった」など、目に見える結果はうれしく、励みになります。また、部屋ごとに節電競争をしたり、電気のつけっぱなしに気をつけるなど、ご家族でお子様も一緒に、無理なく楽しく、省エネな暮らしを楽しむことができます。

※(財)省エネルギーセンターホームページ(2009年)より※タブレットは商品に含まれません。※画面はイメージです。